冤罪を晴らすことは可能ですか|ダーウィン法律事務所 刑事事件専門サイト

ご家族・ご友人が逮捕・起訴されてしまったら、すぐにお電話ください!

0120-845-018

受付時間:7時~23時(土・日・祝日も受付)

初回電話
相談無料
守秘義務
厳守
東京 埼玉 神奈川 千葉

よくあるご質問

冤罪を晴らすことは可能ですか

 はい。全力で弁護いたします。
 99.9%というドラマがあったように、日本の刑事裁判における有罪率は極めて高いものとなっております。ですから、裁判において冤罪を晴らすのは至難の業といえます。
 一方で、このように高い有罪率を誇る制度の下では、検察官も、有罪判決を得られる可能性が極めて高い場合でないと、起訴を躊躇することになります。したがって、まずは裁判所からの無罪判決ではなく、検察官からの不起訴処分(起訴することなく事件を終結させる処分)を目指して弁護活動を行うべきでしょう。
 もっとも、不起訴処分を得るためには、非常に高いレベルの弁護活動が求められます。不起訴処分を得るために、捜査機関に対して積極的に弁明するのか、黙秘権を行使するのかという点だけをとってみても、一概に判断することはできず、高度に専門的な判断が求められます。
 また、起訴される前の段階では、捜査機関が作成した証拠を弁護人は見ることができませんから、冤罪を晴らすための証拠については、弁護人が自らの足で調査する必要があるのである。
 私達は、数多くの不起訴処分を得てきましたし、無罪判決を獲得した実績もあります。ぜひ、御相談いただければと思います。